一般歯科

虫歯について

誰もが一度はかかったことがあるであろうお口の病気、「虫歯」。ですが、その原因や段階別症状についてご存じの方は少ないでしょう。虫歯についてよく知り、ご自分の歯を守っていきましょう。

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯の原因は細菌の感染によるもので、虫歯菌には数種類の細菌が存在します。虫歯の代表的な原因菌はミュータンス菌です。

そして虫歯を悪化させてしまう最大の原因とは……実は、「虫歯に気づいていながら放置してしまうこと」なのです。痛みに気づいているにもかかわらず治療をしないままでいると、虫歯は進行を続け、最悪の場合は抜歯に至ります。虫歯に気づいたらお早めにご来院ください。

虫歯の進行と治療法

C0:最初期の虫歯

C0:最初期の虫歯
歯の表面にあるエナメル質が溶かされ始め、白く濁った部分があらわれます。
[治療法]
適切な歯みがき、フッ素塗布で治癒します。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯
エナメル質が溶かされ、黒ずみがあらわれます。
[治療法]
虫歯部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯
虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達した状態です。冷たい物・甘い物がしみます。
[治療法]
虫歯部分を削りインレー(詰め物)をします。

C3:神経の虫歯

C3:神経の虫歯
歯の奥の神経まで侵された状態です。常にズキズキと痛みます。
[治療法]
神経を取り除き、クラウン(被せ物)をします。

C4:歯根の虫歯

C4:歯根の虫歯
歯根まで進行した状態です。歯のほとんどの部分が失われています。
[治療法]
最悪の場合は抜歯します。抜歯後は補綴治療を行います。

虫歯は予防が一番

虫歯は予防が一番

虫歯は治療できますが、一旦削ってしまった歯は元には戻りません。また、虫歯の進行と比例して治療も複雑になるものです。誰でも治療で痛い思いはしたくはないですよね?

痛い思いをしない、治療のダメージを受けないためには、「予防」が一番です。

食事や会話は一生続くもの。つまり、歯とは一生つき合うわけです。ご自分の歯の健康を守るために、「予防」を意識しましょう。当院では、予防メニューをご用意しています。ご自宅でのケアに加え、積極的に歯科での予防処置にも取り組み、虫歯になりにくい歯を作っていきましょう。