歯周病治療

歯周病について

「歯ぐきが赤くなって腫れる」

歯周病というと、こんなイメージが浮かぶのではないでしょうか? 確かにこれは歯周病の症状の一部。しかし、実際にはそれだけではありません。進行すると歯ぐきや歯槽骨(歯を支える顎の骨)が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあるおそろしい病気なのです。

歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌と呼ばれる細菌です。この細菌に歯周組織が侵されると、出血し膿が出て、歯槽骨が溶け始め、歯がグラグラしてきます。一旦歯周病になると進行のスピードを遅らすことはできても、自然に治ることはありません。

初期段階では非常に気づきにくいという特徴を持つため、日本人の約半数の成人が歯周病にかかっていると言われ、歯を失う最も大きな原因とされています。少しでも疑わしい症状が見つかったら、早めに診察にお越しください。

歯周病の進行段階について

軽度の歯周病

軽度の歯周病
プラークが歯のつけ根にたまると、歯ぐきに炎症が起き始めます。まだ痛みはありません。硬い物を食べたり歯みがきをしたりすると、出血することがあります。

中度の歯周病

中度の歯周病
プラークが石灰化して歯石になり、それが大きくなることにより歯根膜が溶け、歯ぐきの溝の深くまで進行します。歯ぐきの弾力が失われ、赤く腫れ膿が出ます。歯槽骨が溶かされ始め、歯周ポケットがどんどん深くなっていきます。

重度の歯周病

重度の歯周病
歯槽骨の破壊が進み、歯がグラつき始めます。歯根が見えるくらいになると、歯ぐきからの出血、膿、また口臭もあらわれます。最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の検査について

当院では以下の歯周病検査を行っています。

歯周病の検査について

詳しくはお気軽におたずねください。

歯周病治療

歯周病の段階や症状によって、治療法にはさまざまなものがあります。その中で代表的な「歯周ポケット掻爬(そうは)術」をご紹介します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周病でも比較的軽度の、歯周ポケットが3~4mm前後の場合に行う手術です。麻酔を施した上で、歯石や膿、また患部の歯ぐきを削り取ります。肉眼で見えない手術のため、非常に高度な技術が求められます。手術後、適切な歯みがきを続けることにより再び歯に歯ぐきがくっつき、歯周ポケットを浅くします。

歯周病予防について

歯周病予防について

歯周病に最もいい治療法……それは「予防」です。それには虫歯と同じく、適切な歯みがきが非常に重要です。また、歯周病が治っても、油断して歯みがきを怠れば、またすぐに再発してしまいます。正しい歯みがきを継続する習慣を身につけると共に、定期検診でそれをチェックし、ご自分の歯の健康を守っていきましょう。

当院の予防メニュー

ご自宅での歯みがきに加え、歯科医院でのプロの手による予防ケアを行うことは、歯周病予防に非常に効果的です。当院で行っている予防メニュー「PMTC」をご紹介します。

衛生士によるクリーニング ~PMTC~

ご自宅でしっかり歯みがきできているつもりでも、どうしても残ってしまうプラークや歯石。衛生士(Professional)が専門機器(Mechanical)で、歯(Tooth)を徹底的に掃除(Cleaning)してプラークや歯石を除去する処置が「PMTC」です。

[PMTCの効果] 

  • 菌の力が弱まり、虫歯になりにくくなる
  • 歯周病の症状が改善され、また予防になる
  • 汚れが取り除かれ、歯が白くなる
  • 口臭が改善され、また予防になる       など

[PMTCの流れ]

1.処置計画
まずは染め出し検査などによる歯の状態のチェックから始まります。患者様のお口の状態を踏まえた処置計画をご説明します。

2.プラーク・歯石の除去
専用機器を使い、お口の中のすみずみまで清掃し、プラークや歯石を除去します。

3.着色の除去
重炭酸ナトリウム塩などを使い、歯の表面の汚れや着色を除去します。

4.研磨
フッ素入りジェルで歯を1本ずつ丁寧に磨き上げます。

5.フッ素塗布
お口を洗浄し、フッ素塗布を行います。

6.ご自宅でのケア
効果を維持するためには、ご自宅での正しいケアは欠かせません。ご説明する正しいケアを継続してください。